米アムバック:サブプラム保証契約をウィスコンシン州当局に引き渡し

米金融保証会社(モノライン)2 位のアムバック・ファイナンシャル・グループの債券保証部門は、サ ブプライム(信用力の低い借り手向け)住宅ローンなどに絡む保証契 約の管理を監督当局に引き渡す。アムバックが破たんした場合に地方 債保有者が損失を被ることへの懸念が背景にある。

アムバック・アシュアランスは6960億ドル相当の債券を保証し ているが、このうちクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)や 住宅ローン担保証券(RMBS)、その他の仕組み金融商品に関連する 保証契約を、別口座を設立して分離する。親会社のアムバックが発表 した。

ウィスコンシン州の保険監督当局は別の声明で、「州や自治体が発 行する数千銘柄の地方債への投資家を含む保証契約者を保護するた め」、アムバックに契約引き渡しを命じたと説明した。

アムバックは1971年、地方債の保証を目的に設立されたが、そ の後リスクの高い資産を裏付けとした証券や債務担保証券(CDO) の保証に事業を拡大。金融危機の打撃を受け、最上級格付けと時価総 額の99%を失った。

ショーン・ディルウェグ州保険監督長官は「具体的な計画がある。 詳細は今後数週間に法廷で精査される」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE