米ゴールドマン:ワルシャワ支店開設へ-ポーランド政府の資産売却で

米ゴールドマン・サックス・グ ループはポーランドの首都ワルシャワに支店開設を目指している。ポ ーランド政府が株式発行を通じた資産売却を加速させていることが背 景にある。

ゴールドマンのポーランドでの広報業務を担うNBSパブリッ ク・リレーションズのアナ・クライエフスカ氏は電話で、「東・中欧 での事業拡大で、ポーランドは非常に重要な市場だ」と語った。ゴー ルドマンは24日、英金融サービス機構(FSA)にワルシャワ支店開 設の「正式」申請を行ったという。同支店開設に伴い、ゴールドマン の欧州・中東・アフリカ地域の支店数は8店舗となる。

スイスのクレディ・スイス・グループは今年1月、ワルシャワに 証券会社を年内に開設する計画を明らかにしている。同社は7年前に ポーランドから撤退していた。

ポーランド政府は今年、資産売却から過去最大の100億ドル (約9210億円)の資金調達を目指している。売却対象となるのは、 エネルギーや保険、電話、化学企業などの株式。ゴールドマンは昨年 10月、ポーランド最大の公益事業会社PGEの59億7000万ズロ チ(約1890億円)相当の新規株式公開(IPO)で共同幹事を務め た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE