インサイダー疑惑のドイツ銀幹部は銀行株について政府に助言-FT紙

英金融サービス機構(FSA)に よるインサイダー取引摘発で拘束されたドイツ銀行の上級幹部は、英 政府が保有するロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ (RBS)株とロイズ・バンキング・グループ株について政府にアド バイスするチームのメンバーだった。英紙フィナンシャル・タイムズ (FT)が事情に詳しい複数の関係者の話を基に報じた。

ドイツ銀は24日、マーティン・ドジソン行員が、FSAの捜査を 受けている7人のうちの1人であることを明らかにしていた。同行員 は最近マネジングディレクターに昇格し、政府のRBS株とロイズ株 についての選択肢を検討する約12人のバンカーのグループに属して いたという。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Peterson at +44-20-7330-7547 or cpeterson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE