英インサイダーはムーアの売買執行トレーダー-重要投資家リストにも

【記者:Tom Cahill】

3月25日(ブルームバーグ):英当局による過去最大のインサイダ ー取引摘発で逮捕されたヘッジファンド会社ムーア・キャピタル・マ ネジメントのジュリアン・リファト社員は、米モルガン・スタンレー が昨年11月10日に公表した「重要な15の機関投資家」リストに同僚 2人とともに名を連ねていた。

ムーア・キャピタル(本社ニューヨーク、運用資産150億ドル) のロンドン部門で、売買を執行するエクセキューショントレーダーを 務めていたリファト社員の仕事は、自社の売買をライバルに知られる ことなく、ポートフォリオマネジャーにとって最良の価格を得ること だった。事情に詳しい3人の関係者によれば、同社員こそがインサイ ダー取引事件にかかわった人物であり、41歳の誕生日に身柄を拘束さ れた。

ロンドンに拠点を置く経営幹部専門ヘッドハンター、ケネディ・ アソシエーツのジェーソン・ケネディ最高経営責任者(CEO)は「エ クセキューショントレーダーはその名が示す通り、カネの近くに座り、 そのにおいをかぐことはできるが、触れることはできない」と話す。

ムーア・キャピタルは発表文で、「金融サービス機構(FSA)か らの情報によれば、捜査はインサイダー取引の可能性に関するもので あり、社員の取り調べはムーアが運用する資金にかかわるものではな いと理解している。取り調べが行われる間、社員は休職扱いになって いる」と説明した。リファト社員に電話取材を試みたが、オックスフ ォードの自宅、携帯電話ともに連絡がつかない状態だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE