ルービニ教授:人民元めぐり米中は「衝突進路」を突き進んでいる

米ニューヨーク大学のヌリエル・ル ービニ教授は、米国と中国は人民元をめぐり「衝突進路」を突き進んで おり、投資家は世界の金融市場への影響を過小評価していると述べた。

ルービニ教授は顧客向けリポートの中で、米政府が中国を為替操作 国と認定する可能性は50%だと指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 桧誠司 Masashi Hinoki +81-3-3201-8843 mhinoki@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE