アジア株:総じて下落、企業決算を嫌気-円安で日本の輸出株は高い

25日のアジア株式相場は総じて下 落。日本の輸出株は買われたが、米ウォルマート・ストアーズなどに商 品を納める香港のリー・アンド・ファン(利豊)と中国2位の携帯電話 サービス会社、チャイナ・ユニコム(中国聯通)の決算が市場予想を下 回ったことが重しとなった。

リー・アンド・ファンは9.9%安、チャイナ・ユニコムは4.1%安。 オーストラリアの産金会社、ニュークレスト・マイニングは1.8%下落。 金相場が約5週間ぶり安値に下げたことが嫌気された。

北米での売上高が全体の30%を占めるマツダは高い。円が対ドル 相場で2カ月ぶり安値を付け、輸出収入の見通しが改善した。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午後3時11分現在、前日 比0.2%安の123.42。上昇銘柄と下落銘柄の割合は3対5。日経平均 株価は前日比13円82銭(0.1%)高の1万828円85銭で取引を終え た。

IGインベストメントで約15億ドルの運用に携わるティム・リョ ン氏(香港在勤)は「現時点では上振れの余地が大きくなく、期待がや や高まっている」と指摘。「企業は決算が予想に届かなければ打撃を受 けるだろう」と語った。

-- With assistance from Masaki Kondo in Tokyo. Editors: Darren Boey, John McCluskey

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net; Anna Kitanaka in Tokyo at +81-3-3201-8140 or akitanaka@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE