ナキール、ドバイ政府が80億ドル注入へ-即15億ドルで業者に支払い

アラブ首長国連邦(UAE)ド バイ首長国は、政府系持ち株会社ドバイ・ワールド傘下の不動産開発 会社ナキールに80億ドル(約7400億円)を注入する。同社向けの支 援は総額で92億ドルとなる。ナキールは業者への支払いなどの資金 を確保しプロジェクトを完成させることができる。

ナキールは25日電子メールで配布した発表文で「ドバイ政府は ドバイ金融支援ファンド(DFSF)を通じ、約80億ドルの新資金 をナキールに直接注入する。事業継続と債務返済のための資金となる」 とし、DFSFは「既存のナキール向け債権12億ドルを株式に転換 することを提案した」と説明した。

政府からの支援は債権団が増資計画に賛成することが条件となる という。ナキールは当初15億ドルの資金を受け取り、建設会社への 支払いをし当面のプロジェクトを継続する。

ドバイ政府はこの日、ドバイ・ワールドの債務再編に向け最大95 億ドルを拠出すると発表した。

ナキールは建設会社や資材納入業者への支払いを遅らせていた。 このために今年初めに中断するプロジェクトもあった。

ナキールは、取引先への債務について同意された債権額の全額を 返済すると表明。40%を現金、60%を流通市場で売買可能な証券で支 払う方針を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE