ドバイ・ワールド、政府が95億ドル追加注入-債務は8年で返済へ

アラブ首長国連邦(UAE)ドバ イ首長国は、政府系持ち株会社ドバイ・ワールドに最大95億ドル (約8750億円)の新たな資金を注入する。また、ドバイ・ワールド は最長8年をかけて債務を返済する案を債権者らに提示した。

政府のドバイ・ワールド向け金融支援はこれで200億ドルにな った。ドバイ・ワールドは昨年11月、すべての債務について返済を 今年5月まで延期する方針を示し、市場を揺るがせた。

A/Tキャピタル・マネジメントのポートフォリオマネジャー、 アリ・タキ氏は「ドバイの構造問題を解決する正しい方向の一歩だ」 と評価。業者には代金が支払われ、未完成プロジェクトが作業を再 開するため、「ドバイ経済への最終的な影響はプラスになるだろう」 との見方を示した。

ドバイ・ワールドは、235億ドル規模の債務の再編について債 権団と交渉している。この日の発表によると、2009年12月31日時 点の債務はドバイ政府に対するものを除き142億ドルだった。

ドバイ最高財政委員会(SFC)のアハメド委員長は声明で、 「再編プロセスは実施に数カ月かかる」との見通しを示した。債権 者の承認が再編の条件となるとも述べた。

同委員長によると、政府はドバイ・ワールドに15億ドルを拠出 するほか、89億ドルの債権を株式に転換する。傘下の不動産開発会 社ナキールには80億ドルを注入するとともに、12億ドルの債権を 株式化する。

発表によれば、ドバイ・ワールドは新たに発行する5年物と8 年物の債券によって債権者に額面の全額を返済する。再編責任者の エイダン・バーケット氏は25日、新発債の利率はまだ決まっていな いと述べた。新発債には政府保証が付かないが、発表済みの政府支 援で十分に返済が可能だろうと述べた。資産を売却する必要性にも 迫られていないとし、「適切な時期に適正な価格で」売却する方針 を示した。

ナキールの債権銀行には商業レートでの債務再編を要請、取引 先の債権者には現金と市場で売買可能な証券での支払いが提示され る。再編計画に十分な賛成が集まれば、2010年と11年償還の同社 のイスラム債は期限通りに償還されるという。

ドバイ・ワールドが持つもう1社の不動産会社、リミットレス は政府発表の再編計画には含まれず、債権者と独自に交渉する。

ドバイ・ワールド向け債権を持つ銀行は90行以上。バンカーらに よれば、債権額が最大の7行、HSBCホールディングスとロイヤ ル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)、ロイ ズ・バンキング・グループ、スタンダードチャータード銀行、三菱 東京UFJ銀行、エミレーツNBD、アブダビ商業銀行が、債権団 を代表して交渉に当たっているという。

ナキールの2011年償還債は額面1ドルに対して29.5セント上 昇の94.375セントを付け、ドバイ債を保証するクレジット・デフォ ルト・スワップ(CDS)のスプレッドは53.8ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)低下し368.9bpを付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE