トヨタ:グループ国内生産体制を再編-車両の種類や大きさに応じて

トヨタ自動車は市場環境の変化に 対応するため、車両の種類や大きさに応じてグループの国内生産体制 を再編する。同社の広報担当、岩崎三枝子氏が25日、ブルームバーグ の電話取材に答えた。

再編対象は、ダイハツ工業や日野自動車も含めたグループの国内 17工場。岩崎氏は「フレキシブルで競争力のある供給体制への見直し の一環として、車両の種類や大きさに応じて見直すことを検討してい る」とコメントした。

今後の生産拠点として、大型SUV(多目的スポーツ車)が田原 工場(愛知県田原市)、日野自の羽村工場(東京都羽村市)、トヨタ車 体(愛知県豊田市)で、小型車は関東自動車工業の岩手工場(岩手県 金ケ崎市)とセントラル自動車の2011年稼働予定の宮城工場(宮城県 大衡村)を計画している。

岩崎氏は「小型車は今後需要の伸びが期待される」と述べ、「需要 に応じて、他工場でもフレキシブルに生産できる体制を検討していき たい」としている。

具体策を今年夏までにまとめる方向で検討しており、工場の移管 終了時期について、岩崎氏は「具体的なスケジュールは決まってない が、10年代中の方向で検討している」という。

国内の生産体制再編については、25日付の日本経済新聞朝刊が先 に報じ、12年には年間1000億円のコストを削減する計画という。こ れについて、岩崎氏は「コンパクト車の原価低減活動を実施している のは事実だが、具体的な低減額についてはお答えできない」とコメン トした。

Editor:Hideki Asai、Takeshi Awaji

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 萩原ゆき Yuki Hagiwara +81-3-3201-8864 yhagiwara1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

井上加恵 Kae Inoue +81-3-3201-8362 kinoue@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE