亀崎日銀委員:財政、金融政策を積極的に活用して安心感を

日本銀行の亀崎英敏審議委員は 25日午後、高知市内で会見し、日本経済が持続的な成長経路に復して いく展望が開けるまでの間、物価の下落圧力がある程度続くとした上 で、「金融政策や財政政策を積極的に活用することによって、先行き の安心感をつくり出す」ことが肝要だとの考えを示した。

亀崎委員は「今後とも、極めて緩和的な金融環境を維持して、わ が国経済が物価安定の下での持続的成長経路に復していくことを粘り 強く支援していく。その過程において、どういった措置を講じるかは、 その時々の経済、金融情勢を踏まえて判断していく」と述べた。

日銀は17日の金融政策決定会合で、新型オペによる資金供給を 10兆円から倍増する追加緩和を決めた。同委員は25日の講演で「必 要な場合には、プロアクティブに政策を実施していかなければならな い」とした上で、この措置も「そうした方針に基づくものだ」と述べ た。さらに、企業や家計が先行きの持続成長に対する自信を取り戻す ことができるよう今後も「最大限の努力をしていきたい」と語った。

亀崎委員は「プロアクティブに政策を実施」という意味について 「先取りしてという意味ではない」と説明。「その状況に最も適した 政策は何なのかを、追いつめられたり、圧力があったり、さまざまな 雑音を考えながらやっていくということではなくて、自らの判断で実 行していくという意味で、受け身ではないということだ」と述べた。

なぜこのタイミングで追加緩和か

なぜ17日に追加緩和を行ったかについては「まず、企業金融支援 特別オペが今月末で終了する。その受け皿として固定金利方式の共通 担保資金供給オペを拡充してはどうかと考えたからだ」と指摘。「昨 年10月に特別オペを3月で完了すると決定したときは、共通担保オペ は入札方式しかなかった。現在は特別オペと同じ0.1%の固定金利方 式の共通担保オペという資金供給手段があるということだ」と語った。

亀崎委員は「加えて、景気はこのところ幾分上振れ気味で推移し ているが、物価安定の下での持続的成長経路に復帰するにはなお時間 を要する状況が続いている。こうした中、金融政策で可能な施策があ ればプロアクティブに実施することが肝要だ」と言明。「そこで特別 オペの受け皿として以上の額の大幅拡充を行うことを考えた」と述べ た。

亀崎委員は今回の措置により「金融緩和度の一層の深化を図る」 とした上で、「この施策は景気が若干上振れ気味であればこそ、実質 的な効果はより強いのではないか。そこに期待して決めた」と語った。

パフォーマンスとの批判も

亀崎委員が講演で「今後とも、各経済主体が先行きの持続成長に 対する自信を取り戻すことができるよう、最大限の努力をしていきた い」と述べたことについて、みずほ証券の上野泰也チーフマーケット エコノミストは「そうした景気の『気』の部分だけで日本のデフレの 原因を説明することができ、デフレから脱却するための処方せんを書 くことができるとは到底思えない」と言う。

上野氏はさらに、「追加緩和によるマインドへの影響という、現 実にはなかなか把握しにくい要素を重視して金融政策を運営すると、 パフォーマンスに近いような追加緩和策が正当化される余地が広がっ てしまう」と指摘。「カラぞうきんを絞るかのような金融緩和を打ち 出すことが、金融政策に対する実力不相応の期待を呼び起こし、必要 な施策を打ち出す政府の動きがかえって鈍くなる恐れはないか」とし ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE