ブラジル:財務省のドル買い拡大を容認-為替市場への介入増加か

ブラジルは、同国財務省が債務返 済のために購入できるドルの規模を拡大した。これにより、外国為替 市場での当局のドル買い介入が増える可能性がある。

ブラジル中央銀行が24日発表した新たな規定では、財務省は債務 返済に向けてドルや他の外貨を償還期限の最大750日前に買い入れる 権限が付与される。従来は360日前までだった。

バンコWestLBのチーフエコノミスト、ロベルト・パドバニ 氏は電話取材に応じ、「実際にそうなるとは思わないが、財務省の外為 市場への介入を増やす手段ととらえられる公算がある」と指摘。「同省 は外為市場での動きが一段と自由になった」と説明した。

メイレレス中銀総裁は今回の変更について、外為市場へのアクセ スが必要な政府や企業にとって手順を簡素化することが狙いだとして いる。同総裁は、新規定が取引コストの引き下げにつながるとも述べ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE