古川副大臣:相当慎重な議論が必要-ゆうちょ銀の預金限度額引き上げ

古川元久内閣府副大臣は25日午前 の副大臣会議後の記者会見で、ゆうちょ銀行の預入限度額を現行の 1000万円から2000万円に引き上げる案について、財政規律や民間金 融機関との公平な競争条件の確保の観点などから「相当慎重に議論し なければならない」と述べ、十分な議論や説明がなされたかどうか、 「大きな疑念がある」との認識を示した。

古川副大臣は、ゆうちょ銀行が貸し出しのノウハウを十分に持た ない中で、預金限度額を引き上げた場合、その運用について「ほとん どが自動的に国債に回り、財政に対する信認を揺るがすようになって はいけない」と述べ、運用という「出口の議論がされなければならな い」と指摘した。

さらに、「民間金融機関の預金は1000万円までしか保証されてい ない。ゆうちょの場合は、2000万円まで事実上ペイオフの限度額が上 がることになる」と説明。「これは他の金融機関とのイコールフッティ ング(同一競争条件)という観点から大きな問題だ」と語った。ペイ オフは預金の元本1000万円とその利息までを保護する制度。

一方で副大臣は「郵便局のネットワークを守っていく。それを日 本の社会の中で活用していくことは、連立与党内での意見の一致はあ る」と述べ、「その手法についてはしっかり議論した方がよい」と強調 した。預金限度額の引き上げは、亀井静香金融・郵政担当相が24日に 発表した日本郵政の事業改革案に盛り込まれた。

-- Editor: Norihiko Kosaka, Hitoshi Ozawa

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京  伊藤辰雄 Tatsuo Ito +81-3- 3201-3655 tito2@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Chris Anstey +81-3-3201-7553 canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE