仏ソシエテのVIXトレーダー、ウィーン氏がヘッジファンドに移籍

時価総額でフランス2位の銀行、 ソシエテ・ジェネラルでVIXオプション・トレーディングの責任 者を務めていたジェレミー・ウィーン氏が、デリバティブ(金融派 生商品)のトレーダーとしてヘッジファンドのアルファベット・マ ネジメント(ニューヨーク)に移籍した。

ウィーン氏(25)は2007年に米ゴールドマン・サックス・グ ループからソシエテに移り、シカゴ・オプション取引所(CBOE) のボラティリティ指数(VIX)のオプション取引事業を開始。C BOEが同行向けにまとめたリポートによると、ソシエテは昨年の VIXオプション取引高で首位。

ウィーン氏は24日に顧客にあてた電子メールで、「あらたな胸 躍る機会を得た」と説明。アルファベット・マネジメント幹部のジ ェイソン・アドラー氏もウィーン氏の採用を確認した。同社の運用 資産は1億4000万ドル(約129億円)。ソシエテの広報担当者か らは、電話取材に対する応答は今のところない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE