グーグル離れ広がる-携帯事業で提携のチャイナ・ユニコムも関係停止

携帯電話サービス会社チャイ ナ・ユニコム(中国聯通)香港は、検索エンジン最大手の米グーグ ルの検索サービスを使用しないことを明らかにした。アナリストら は、これを政府の検閲に挑戦するグーグルと距離を置く企業が増加 していることを示すものとみている。

チャイナ・ユニコム(香港)の陸益民社長は24日、香港で記 者団に対し、同社が自社の電話にグーグルの検索ボックスを付加し ないことや、中国の法律を順守する企業とのみ協力することを明ら かにした。23日には、香港の資産家、李嘉誠氏が会長を務めるイン ターネット企業、トム・オンラインがグーグルの検索エンジンの利 用を停止したと発表した。

CIMB・GK証券(香港)の調査部門責任者、バートラム・ ライ氏は電話取材で、「中国でグーグルと協力関係にあった企業は、 その事業計画がちょうど崩壊したところだ。新たな提携相手を急い で探さなければならない」と述べた。

グーグルは1月、チャイナ・ユニコムと共同開発した携帯電話 の中国での発売を延期すると発表している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE