英国債:10年債、下落-財政赤字削減案が過度に楽観的との見方で

英国債相場は下落。英国政府の4 年以内に財政赤字を約50%削減するとの計画は楽観的過ぎるとの見方 が広がった。

ダーリング英財務相は24日の同国議会での予算演説で、財政赤字 は今年度の1670億ポンドから2014年までに890億ポンドに削減す る計画を明らかにした。また11年経済成長率については最大3.5%と なるとの見通しを示した。英財務省がエコノミストを対象にまとめた 予想中央値では2.1%成長となっている。英公債管理局(DMO)は この日、10-11年度の国債発行額が前年から18%減少することを明 らかにした。

ラボバンク・インターナショナルの通貨ストラテジスト、ジェレ ミー・ストレッチ氏(ロンドン在勤)は「成長率見通しがかなり誇張 されていることを考えると、財政赤字を目標水準まで引き下げられる とは到底考えられない」と語った。

10年債利回りは前日比4ベーシスポイト(bp、1bp=0.01%) 上昇の3.95%となった。一時は3.896%まで下げ、先月10日以来の 低水準を付けた。2年債利回りは1.19%と、前日からほぼ変わらず。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE