米スターバックス:初の配当、1株10セント-追加自社株買いも承認

世界最大のコーヒー店チェーン、 米スターバックスは1株当たり10セントの四半期配当を発表した。同 社が1992年に上場して以来、初の株主への現金還元となる。

24日の発表資料によると、同社取締役会はまた、追加で普通株 1500万株を買い戻す計画も承認した。これは1月26日時点での発行 済み株式の2%に相当する。同社はすでに630万株の自社株買いを承 認している。

配当は4月7日の取引終了時点での株主が対象となり、支払いは 4月23日。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE