英財務相:財政赤字と経済成長見通しを下方修正(Update1)

ダーリング英財務相は、英国の 財政赤字は従来予想よりも低くなるとの見通しを示した。

同財務相は財政赤字を今年度の1670億ポンドから2014年4月ま でに890億ポンド(約12兆1900億円)へ引き下げる計画を発表した。 来年度の借入額は1630億ポンドとなり、2014-15年には740億ポ ンドに減少するという。4月から始まる来年度の歳出については現行 の年率2.2%増やす方針を維持することを明らかにした。

ダーリング財務相は同国議会で予算演説し、「これは13-14年 までに政府債務が昨年度の予算で見込まれていたよりも1000億ポン ド低いことを意味する」と説明した。

さらに「早急な歳出削減を求める声が一部であるのは認識してい る」としながらも、「そのような政策は間違いであり危険であると確信 している。今、削減を開始すると、すでに借り入れを予想よりも低く 抑えている景気が回復軌道から逸脱するリスクがある」と指摘した。

ダーリング財務相は、2011年の経済成長率を3-3.5%と予想し た。昨年12月時点での予想は最大3.75%だった。ただ、英財務省が エコノミストを対象にまとめた予想中央値である2.1%は上回ってい る。同相は今年の経済成長率については、1-1.5%との予想を示した。 これは従来予測とほぼ一致する。

また、今年度の借入額は対国内総生産(GDP)比で11.8%に なるとの見通しを示した。次年度は11.1%に低下し、14-15年に は4%に低下するという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE