ギリシャは「ある時点」でデフォルトに-UBSドノバン氏

UBSインベストメント・バン クの世界経済担当の副責任者、ポール・ドノバン氏は、ギリシャが 「ある時点」でデフォルト(債務不履行)に陥るとの見方を示した。 ユーロ圏は通貨統一後最初の大きな経済危機への対応でつまづいた と指摘した。

ロンドン在勤の同氏は24日、ブルームバーグラジオのインタビ ューに応じ、「打開不可能な状況のように思われる」とし、「欧州 は最初の深刻なハードルを越えることができなかった。このような 小さな問題も解決できないのならば、より大きな問題を解決できる はずがない」と語った。問題はユーロだと言及した。

欧州各国政府はギリシャを救済する場合の資金源について、ま だ合意していない。欧州連合(EU)首脳は25日にブリュッセルで 会合する。ここ1週間はギリシャ問題への対応で、国際通貨基金 (IMF)の関与を主張するドイツと欧州主導の解決を望むフラン スの綱引きが続いてきた。ドイツ財務省の当局者は23日、IMFの 関与に両国ともが賛成する可能性を示唆した。

ノーマン・ラモント元英蔵相はこの日ロンドンでインタビュー に答え、欧州の財政危機はユーロ圏に共通の財政政策が必要なこと を示していると指摘。財政政策の共通化は「論理的なステップとな るだろう」としながらも、「ユーロ諸国にその用意があるとは思え ない。それをしないなら、ユーロは矛盾だ。国家を持たない通貨だ」 と語った。

また、米コロンビア大学のチャールズ・カロミリス教授は別の インタビューで、ギリシャ政府が歳出を25%減らす必要があるもの の、同国のデフォルトは「不可避ではない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE