ユーロ圏は崩壊の初期段階にも-英財務省元顧問のブートル氏

英財務省の元顧問、ロジャー・ ブートル氏は、16カ国で構成するユーロ圏が「最終的に崩壊に向かう 初期段階」にあるかもしれないと発言した。

調査会社キャピタル・エコノミクスの設立者でもある同氏は、ギ リシャなどの財政赤字が拡大する中で、域内の強い国が支援を渋るよ うになり、安定が脅かされるだろうと指摘した。

同氏はシンガポールでのインタビューで、「南欧諸国の財政問題 と、これら諸国とドイツとの緊張の高まりを背景に、ユーロ圏の内部 的な安定に対する懸念が強まる中で、ユーロが弱くなると思われる」 と語った。

さらに、ユーロ圏諸国は「財政赤字削減を強制されることから、 何年にもわたる不況とデフレに直面するだろう」と予想し、「政治的 にもちこたえられるかどうか疑わしい」と述べた。財政の弱い「これ ら諸国とドイツの間で本格的な緊張が生じ、内需拡大政策への転換を ドイツに求める圧力が強まるだろう」と解説した。

同氏はユーロが年内に1ユーロ=1.25ドルに下落すると予想して いる。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544

akinoshita2@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Ron Harui in Singapore at +65-6212-1161 or rharui@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nicholas Reynolds at +81-3-3201-8676 or nreynolds2@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE