独コメルツ銀:1-3月は税引き前黒字の見込み-トレーディング回復

ドイツ2位の銀行、コメルツ銀行 は、2010年1-3月(第1四半期)が税引き前で黒字になると見込ん でいる。黒字は08年以来で初めて。トレーディング収益が改善してい るという。エリック・シュトラッツ最高財務責任者(CFO)がロン ドンでの投資家会議前にインタビューに応じた。

同CFOは「1月は当行にとって極めて良い月だった」とした上 で、「第1四半期の残りも今までのところ良好なため、税引き前で黒字 を確保できると考えている」と述べた。

同四半期は債券、通貨のトレーディング、株式デリバティブ(金 融派生商品)が業績の追い風になったという。同CFOは「市場の展 開は当行に有利に働いた。例外的な負担も今のところ発生していない」 とする一方、「第1四半期を基に通期を予想することはできない」と述 べ、10年通期が赤字となる可能性を排除できないと付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE