アジア株:上昇、半導体や鉄鉱石の需要見通し改善で-リオが高い

24日のアジア株式相場は、テク ノロジーと資源株を中心に買いが優勢となっている。半導体や鉄鉱石 に需要拡大の兆しが表れたことから、世界経済の回復の力強さに対す る信頼感が強まった。

韓国のサムスン電子は1.2%上昇。半導体価格の上昇が好感され た。任天堂は大幅高。専用メガネを着けずに3D(3次元)映像のゲ ームを楽しめる新型DSを来期(2011年3月期)に投入すると発表 した。世界3位の鉱山会社、英豪系リオ・ティントは2%値上がり。 鉄鉱石生産で世界最大手、ブラジルのヴァーレが鉄鉱石価格の一部を 2倍以上に引き上げたとの報道が買い材料となった。

アサヒビールは値下がり。モルガン・スタンレーが同社の投資判 断を引き下げたことが響き、消費関連株の下落を主導した。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午後3時51分現在、前 日比0.2%高の124.65。上昇銘柄と下落銘柄の割合は5対4。日経 平均株価は前日比40円88銭(0.4%)高の1万815円3銭で取引を 終えた。

RCMアジア・パシフィックのマーク・コンイン最高経営責任者 (CEO)は「マクロ経済的な展望が引き続き明るいことから、投資 家は徐々に市場に戻っている」と指摘。ただ、「インフレや金融引き締 め、欧州のソブリン債をめぐる懸念は今後も市場に影を落とすだろう」 と語った。

-- With assistance from Kana Nishizawa and Toshiro Hasegawa in Tokyo, Saeromi Shin in Seoul and Weiyi Lim in Taipei. Editors: Darren Boey, Nicolas Johnson

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net; Jonathan Burgos in Singapore at +65-6212-1156 or jburgos4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE