榊原元財務官:日本は外為市場介入するべきでない-85円目指す場合も

早稲田大学インド経済研究所所長 で元財務官の榊原英資氏は、日本政府は外国為替市場への介入を控え るべきだとの考えを示した。同氏は円高を予想している。

榊原氏は24日、クレディ・スイス主催の投資家関連会議が開催さ れた香港で、「円は当分の間、1ドル=90円前後で推移するだろう。 緩やかに85円まで上昇するかもしれない。しかし、政府は介入するべ きではない」と語った。日本政府の為替介入は2004年が最後。

同氏は日本の景気回復が「あまり強くない」現状を踏まえ、金融 緩和は適切だとの見解を示した。中国の人民元については、同国の成 長見通しに照らし、次の10年で「大幅」に上昇するだろうと述べた。

-Editors: Lily Nonomiya, Russell Ward

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net 記事についての記者への問い合わせ先: Hong Kong Sophie Leung +852-2977-6126 sleung59@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +65-6212-1130 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE