欧州:銀行のカバード債発行、06年来最速-ギリシャ危機克服の観測で

欧州の銀行によるカバード債の発 行ペースがここ4年で最速となっている。投資家が欧州経済はギリシ ャ財政危機を乗り切るのに十分力強いと見込んでいることが背景だ。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、スペインの貯蓄銀行 最大手のバルセロナ貯蓄銀行や、ドイツ3位の国有銀行の傘下にある 西ドイツ不動産銀行などを中心に、欧州の金融機関は今年に入り875 億ユーロ(約10兆6600億円)相当のカバード債を発行。発行規模は 同じ時期で比べると2006年(954億ユーロ)以降で最大となった。

ユーロ圏各国の財務相らがギリシャ救済の枠組みで合意するなか、 住宅ローンや公共部門の融資を裏付けとするカバード債の発行は増加 しつつある。欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁が最近のデータ が「緩やかな回復」を指し示しているとの見解を示した次の日、ドイ ツ財務省当局者は同国とフランスがギリシャ支援に国際通貨基金(I MF)が関与すべきだとの立場で一致したことを明らかにした。

モルガン・スタンレー債券資本市場グループのバンカー、ダニエ ル・シェーン氏(ロンドン在勤)は「これはすべての市場の回復に関 することだ」とした上で、銀行が「恩恵にあずかっている」と指摘。 さらに「銀行手形の保有に対する安心感は高まっており、カバード債 市場はその受益者の一部だ」と説明した。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのデータによれ ば、ユーロ建てカバード債の国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッ ド)は89ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)とほぼ2カ月ぶ り低水準となっている。今年の最高は2月8日に付けた100bpだっ た。09年にマイナス4.1%成長となったユーロ圏経済は今年、ブルー ムバーグが集計したエコノミスト16人の予想中央値では、1.2%のプ ラス成長が見込まれており、スプレッドは縮小している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE