BHPと三菱商の豪石炭合弁:輸出港復旧は6週後か-サイクロン被害

三菱商事と英豪系資源会社BH Pビリトンの豪州合弁会社で原料炭輸出最大手のBHPビリトン・ ミツビシ・アライアンス(BMA)は、熱帯性サイクロン「ウルイ」 により被害を受けたクイーンズランド州ヘイポイントの積み出し港 が輸出能力を完全に回復するまでには最長6週間かかる可能性があ るとの見通しを明らかにした。

BHPのメルボルン在勤の広報担当、アマンダ・バックリー氏 は発表資料で、BMAが不可抗力の事態発生を宣言し、当面出荷を 見送ると顧客に通知したと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE