ローラ・タイソン氏:米失業率は今後数年間大幅に低下しないだろう

米カリフォルニア大学バークレー校 のローラ・タイソン教授は24日、米国の雇用創出が労働人口の拡大を満 たすことはできないため、米失業率は今後数年間大幅に低下することは ないだろうとの見方を示した。香港でのブルームバーグテレビジョンと のインタビューで語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先:

麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE