グーグル:中国での検索サービス、なお一部提供-契約義務

インターネット検索エンジン最大 手、米グーグルは24日、中国の一部提携先向けに、今なお自主検閲を 加えた検索サービスを提供していることを明らかにした。

同社広報担当ジェシカ・パウエル氏(東京在勤)は電子メールを 通じ、「責任あることと考えるため、既存の契約上の義務」を果たす必 要があると説明した。同氏によれば、このサービスは「時間をかけて」 徐々に停止する予定だという。

グーグルは22日、中国国内のユーザーが同社のサービスを利用し た場合、検閲のない香港のサイトに自動転送することを発表している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE