英財務省元顧問のブートル氏:米国は対中貿易制裁を科す可能性

英財務省の元顧問、ロジャー・ブ ートル氏は、中国が貿易黒字削減のため内需拡大と人民元切り上げに 踏み切らなければ、米国は対中貿易制裁を科す可能性があるとの見方 を示した。

調査会社キャピタル・エコノミクスの設立者でもあるブートル氏 は、シンガポールでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応 じ、「率直に言って、これ以上米国が長期にわたって巨額黒字を容認す るとは思えない」と語り、中国が内需拡大と人民元切り上げの両面で 姿勢を変えなければ「米国は貿易制裁を科すだろう」と指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Jacob Greber in Sydney at +61-2-9777-8635 or jgreber@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Michael Heath at +61-2-9777-1202 or mheath1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE