米オクシデンタル:シティから買収のフィブロの利益、原油探鉱に投資

米石油生産会社オクシデンタル・ ペトロリアムは、アンドルー・ホール氏率いるエネルギー取引子会社フ ィブロの利益を利用して原油探鉱を進めている。

オクシデンタルは昨年12月、米シティグループから2億5000万 ドル(約230億円)でフィブロを買収。オクシデンタルのスティーブ ン・チェイゼン社長兼最高財務責任者(CFO)は22日、ニューオー リンズでインタビューに応じ、フィブロの運用資産は最大10億ドルで あることを明らかにした。フィブロのポートフォリオの総額は商品相場 の動向によって日々変動していると述べた。

チェイゼン氏によると、シティグループが適用していたホール氏と 同氏が率いるトレーダーらを対象とする利益配分計画はそのままオクシ デンタルに引き継がれた。ホール氏やトレーダーらが2009年に上げた 利益や報酬への配分についてはコメントを控えた。

オクシデンタルは今年、掘削装置(リグ)や天然ガス処理プラン ト、新パイプラインへの投資を19%拡大し、1日当たり約1200万ドル としている。

チェイゼン氏は「フィブロの利益から社員への賞与を差し引いた金 額はオクシデンタルの一般資金となり、基本的に石油やガス事業に再投 資される」と語った。

米連邦政府からの支援を受けている金融機関の報酬が高過ぎるとの 見方が広がるなか、フィブロへの批判が強まったことを受け、シティグ ループは昨年、フィブロを売却することで合意した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE