日本株は小反発、世界景気や業績の回復期待-輸出や景気敏感株高い

東京株式相場は小反発。世界景気 の回復傾向や日本の輸出堅調などを受け、業績期待から輸出や資源関連 など景気敏感株の一角が高くなった。新製品を来期に発売する任天堂は 大幅高。

富国生命株式投資グループの森智勝調査役は「米国や新興国を中心 に世界経済は順調に回復しており、少なくとも来年度上期業績は良さそ うなことが見えてきた」と述べた。

日経平均株価の終値は前日比40円88銭(0.4%)高の1万815円 3銭、TOPIXは4.60ポイント(0.5%)高の951.97。

きのうの米国株市場ではS&P500種株価指数など主要3指数がそ ろって52週高値となり、欧州でも英FT100指数が52週高値を更新。 「特段の材料がなくても米国株が上昇しているのは、ファンダメンタル ズが良いということ」と、大和投資信託の長野吉納シニアストラテジス ト。取引開始前の外資系証券の売買動向は市場推定で14営業日連続の 買い越しで、海外株高にけん引され日経平均は取引時間中の3月高値を 4営業日ぶりに更新した。

丸三証券の牛尾貴投資情報部長によると、「米国経済は7-9月期 以降に息切れする懸念があったが、雇用や住宅市場の状況から二番底リ スクは後退した。企業業績に対する強気見通しが増えている」という。 日経平均は1月高値(1万982円)に接近しつつあるが、「心理的な節 目である1万1500円を目指す動き」を同氏は予想する。

きのう発表された2月の米中古住宅販売件数は3カ月連続のマイナ スながら、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の予 想中央値を上回った。また、日本の2月貿易統計では、輸出が前年同月 比45.3%増と、前月から伸び率が拡大した。第一生命経済研究所の新 家義貴主任エコノミストは日本の「1-3月期の成長率は上振れる可能 性が高い」と指摘していた。

7営業日連続の「一進一退」

きょうの株価指数は上昇したとは言え、前日比上昇と下落を繰り返 す一進一退がこれで15日以降7営業日連続。景気や企業業績に対する 期待は根強い一方、短期的な高値警戒感、4月1日に新規上場する第一 生命保険株の購入資金作りとみられる換金売り懸念が上値を抑える要因 となり、明確な方向感が出にくくなっている。

そうしたなか、市場関係者が懸念するのはユーロ安による円高。日 本時間の為替市場ではギリシャの財政問題に対する不透明感からユーロ が一段安となり、日経平均は一時マイナス圏に転じる場面もあった。富 国生命の森氏は「ドイツの政治情勢を考慮すれば、ギリシャの救済スキ ームは依然不透明。ユーロ圏にはマクロリスクがある」と強調する。

東証1部の売買高は概算18億9348万株、売買代金は同1兆2750 億円。値上がり銘柄数は1092、値下がり459。

任天堂が急騰、ヤクルト大幅安

個別の材料銘柄では、裸眼で3D映像を楽しむことができる新製品 「ニンテンドー3DS」を11年3月期に発売する任天堂がにぎわい、 約1年ぶりの3万円台回復。メガチップスやミツミ電機、ホシデンなど の任天堂関連株もそろって大幅高。10年3月期の利益予想を引き上げ た日本精工は4日ぶりに反発し、業界平均並みのPBR(株価純資産倍 率)評価が妥当だとし、三菱UFJ証券が格上げしたイズミは3連騰。

半面、会社側の10年3月期営業利益予想の増額修正幅はコンセン サスを下回る、としてシティグループ証券が「売り」を強調したヤクル ト本社が急落。10年2月期の連結最終利益が従来予想を下回ったもよ うと発表したDCM Japanホールディングスが3日ぶりに反落し、 ゴールドマン・サックス証券が新規に「売り」としたエーザイや塩野義 製薬も安い。東証1部値下がり率上位には、栗本鉄工所や河合楽器製作 所など直近で上昇が目立っていた株価水準の低い銘柄が多数入った。

新興市場は高い

新興市場はそろって高い。ジャスダック指数の終値は前日比0.2% 高の53.48と6連騰、東証マザーズ指数は0.004%高の451.92と8連 騰。大証ヘラクレス指数は0.1%高の628.81で、13連騰となった。

個別の材料銘柄では、ソーシャルアプリのマーケティング・運用支 援サービスを開始したデジタルハーツ、イメージセンサー用検査装置な ど1億円を受注したウインテストがそろって急伸。売買代金上位では、 インフォコム、ACCESS、日本通信が上げた。

半面、元取締役の不正資金流用による被害総額が144億円と発表し たローソンエンターメディアが急落。売買代金上位では、デジタルガレ ージ、日本風力開発、ガンホー・オンライン・エンターテイメントなど が下げた。

--取材協力:西沢加奈 Editor:Makiko Asai, Tetsuzo Ushiroyama

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川 敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 , +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE