債券反落、米債大幅安や2年入札結果弱めで-長期金利は一時1.365%

更新日時

債券相場は反落(利回りは上昇)。 前日の米国債相場が大幅続落したことが警戒されたほか、2年債入札 結果が弱めの内容となったことも加わり、売りが優勢の展開となった。

JPモルガン・アセットマネジメントの国部真二債券運用部長は、 「年度末を控えて投資家の押し目買いが引いているところに、前日の 米国債が大幅安となったことで午前中に仕掛け的な売りが出て値を崩 した」と説明した。2年債入札結果に対しては、多少弱かったと述べ た。

東京先物市場の中心限月6月物は4営業日ぶりに反落。前日比25 銭安の138円66銭で始まり、直後に18銭安まで戻した。しかしその 後は再び売りが増え、一時は48銭安の138円43銭と、19日以来の安 値をつけた。午後に入って、2年債入札結果が事前予想を下回ったこ ともあり、138円台半ばで軟調推移となり、結局は35銭安の138円56 銭で引けた。

債券相場の下げ幅が大きくなったことについて、ドイツ証券の山 下周チーフ金利ストラテジストは、米債安やドル高・円安を手掛かり に先物中心に売りが先行したと説明した。その上で、「先物には商品投 資顧問(CTA)の売りや、現物債を保有する一部投資家のヘッジ売 りが出たのではないか」とみていた。

24日の米国債相場は大幅続落し、米10年債利回りは3.85%程度 と1月以来の高水準をつけた。米5年債入札で最高落札利回りが入札 直前の市場予想を上回るなど低調な結果となったことが売り材料とな った。

新発10年債利回りは1.36%

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の306回債利回 りは、前日比2ベーシスポイント(bp)高い1.355%で取引を開始し た。その後は、徐々に水準を切り上げ、一時3bp高い1.365%と3営 業日ぶりの高水準をつけた。午後は1.36-1.365%で推移している。

三菱UFJ証券の石井純チーフ債券ストラテジストは、米国債相 場が入札低調や世界的なソブリンリスク(国家の信用リスク)などを 背景に大幅安となったことを売り材料に挙げた。さらに、「国内でも財 政運営に対する疑念が出ている。国債大量償還も終わり、いったん益 出し売りが出ているのではないか」と述べた。

中期債も安い。新発5年債利回りは2.5bp高い0.525%に上昇し た。大和住銀投信投資顧問の横山英士ファンドマネジャーは、「米国債 が売られたことの影響が大きい。ギリシャの財政問題で欧州市場でも 金利が上昇している」と指摘した。市場では、25、26日に開催される 欧州連合(EU)首脳会議を控えて、ギリシャ支援の行方にも関心が 集まっている。

一方、超長期債は戻している。新発20年債利回りは一時1.5bp 高い2.14%に上昇したが、午後に入ると横ばいの2.125%での取引だ。 新発30年債利回りも2.27%から、横ばいの2.255%で推移している。

2年債入札弱め、テールやや拡大

財務省が午後零時45分に発表した表面利率(クーポン)0.2%の 2年利付国債(291回債)の入札結果では、最低落札価格は100円8 銭、平均落札価格は100円8銭7厘となった。

最低落札価格は事前の市場予想(100円8銭5厘)を若干下回っ た。最低と平均落札価格との差である「テール」は7厘と前回の5厘 から拡大した。応札倍率は3.0倍で、昨年9月入札以来の低水準とな った。日経テレコンによると、今回の入札ではみずほ証券が3768億円 を落札した。

みずほ証券の三浦哲也チーフマーケットアナリストは、2年債入 札結果について、「利回り水準が低いことや、できるだけ安く買いたい 市場参加者が多く、予想よりやや下振れした」と語った。

日本相互証券によると、この日入札された2年債(291回債)の 利回りは、業者間市場では0.155%で寄り付いた後、0.16%に上昇し ている。

日本銀行の亀崎英敏審議委員は25日、高知市内で会見し、日本経 済が持続的な成長経路に復して物価上昇率がプラスに転じるには「相 応の時間を要する」と述べた。また、財政、金融政策を積極的に活用 することで企業や家計の先行きに対する安心感を作り出すことが肝要 と語った。みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストは、 「市場の一部に出ている金融緩和打ち止め説を事実上けん制した」と の見方を示した。

--取材協力:赤間信行、日高正裕 Editors:Hidenori Yamanaka,Masaru Aoki

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE