3月24日の海外株式・債券・為替・商品市場(Update2)

欧米市場の株式、債券、為替、 商品相場は次の通り。

◎外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで10カ月ぶり安 値に下落。格付け会社フィッチ・レーティングスがポルトガルの格付 けを引き下げたことから、ギリシャの財政問題が欧州内の他国にも波 及するとの懸念が再燃し、ユーロ売りがかさんだ。

ユーロは主要16通貨のうち12通貨に対して下落。ドイツ、フ ランス両国首脳がギリシャ支援では国際通貨基金(IMF)の協力が 不可欠との見解で一致し、欧州連合(EU)への信頼感が損なわれた。 ドルは対円で10週ぶりの高値に上昇。スイス・フランは対ユーロで 最高値近辺で推移した。スイス国立銀行(SNB、中央銀行)がフラ ン上昇を抑制する政策を放棄しつつあるとの観測が材料。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) の為替戦略責任者、アラン・ラスキン氏は、「フィッチの格下げはユ ーロの新たな売り材料となった」と述べ、「今は少なくとも2件のニ ュースが進行している。ギリシャがどうやって資金を確保するか、そ して別件ではポルトガル関連のニュースがある」と述べた。

ニューヨーク時間午後3時37分現在、ユーロは対ドルで

1.2%下げて1ユーロ=1.3335ドル、前日は1.3499ドルだった。 この日は一時、1.3322ドルと、昨年5月7日以来の安値まで下げ る場面もあった。ユーロは対円では0.7%高の1ユーロ=122円 88銭(前日は122円3銭)。ドルは対円で1.9%高の1ドル=92 円15銭(前日は90円40銭)。一時は1月12日以来の高値92 円23銭をつけた。

ポルトガル格下げ

フィッチは、ポルトガルの信用格付けを1段階引き下げ「AA-」 とした。フィッチの24日の発表によると、見通しは「ネガティブ」。 フィッチはポルトガルの1人当たり国内総生産(GDP)およびトレ ンド成長率が標準的な「AA」格付け国に比べ「かなり低い」とした。

米経済調査会社A・ゲーリー・シリングのシリング社長は24日、 ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、ギリシャは「スロ ーモーションで脱線転覆に向かっている」とし、恐らくスペインがユ ーロ圏の次の財政危機を引き起こすだろうと語った。

ドイツ、フランス両国は、ギリシャ支援におけるIMFの役割を 支持することで一致した。ドイツ財務省当局者がベルリンで23日、 匿名を条件に明らかにした。

スイス・フラン

スイス・フランは一時、対ユーロで最高値を更新。前日は初の1 ユーロ=1.43フランの水準を上回った。SNBのヒルデブラント総 裁は、フランの「行き過ぎた」上昇に対抗する用意があると繰り返し 述べているが、フランの売り材料になっていない。SNBのヨルダン 副総裁は24日、ベルンでの講演後に「デフレリスクにつながること から、スイス・フランの行き過ぎた上昇は容認できない」と述べた。

スイス・フランは過去2週間、ユーロに対し2.4%値上がりし ている。この日は1ユーロ=1.4296フラン。前日から0.2%下落 した。一時は1.4233フランの最高値を付けた。

円安・ドル高基調に転換か

BNPパリバの為替ストラテジスト、アンドルー・シャベリア氏 (ニューヨーク在勤)はブルームバーグとのインタビューで、ドルは 対円で5月末までに1ドル=99円84銭に上昇する可能性があると の見解を示した。2007年6月22日に記録した124円13銭の高 値を起点とする長期トレンドラインである91円85銭を上回ったの が理由だ。

シャベリア氏はフィボナッチ数列を用いたテクニカル分析を基に 「週間ベースでその水準を上回った場合、市場参加者は強気トレンド への反転について一段と自信を持つだろう」と述べ、「最低でも

23.6%戻しに相当する94円10銭をつけるだろう。さらに現実的 に言えば38.2%戻しを試すケースも多く、100円を目指すだろう」 と続けた。

◎米国株式市場

米株式相場は反落。S&P500種株価指数は前日に付けた1年 半ぶり高値を維持できなかった。格付け会社フィッチ・レーティング スがポルトガルの信用格付けを引き下げ、UBSのエコノミストがギ リシャはデフォルト(債務不履行)に陥ると指摘したことで、世界経 済の回復は財政赤字に足をすくわれるとの懸念が強まった。

消費財最大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)や米エ ネルギー2位のシェブロンがダウ工業株30種平均の下げの中心とな った。シリアルメーカーのゼネラル・ミルズも安い。同社が示した業 績見通しが失望の売りを誘った。米財務省がこの日実施した5年債入 札が不調に終わり、利回り上昇につながったことも株価を一段安に追 い込んだ。

S&P500種株価指数は3営業日ぶりに下げ、前日比0.6%安 の1167.72。ダウ工業株30種平均は52.68ドル(0.5%)安の

10836.15ドル。主要6通貨のバスケットに対するドル指数は

1.3%上昇の81.982と、10カ月ぶりの高値となった。

MFCグローバル・インベストメント・マネジメントで30億ド ルの米国株運用に携わるノーマン・アリ氏は「期限を控えた債券はな お大量にあり、償還資金の調達に対する不透明感が相場の重しになっ ている」と指摘。「安全志向の取引がドルを押し上げており、それは 短期的に商品にとっては弱材料だ」と述べた。

フィッチ・レーティングスは、ポルトガルの信用格付けを1段階 引き下げ「AA-」とした。従来の格付けは「AA」。同国の財政悪 化を理由に挙げた。フィッチによると、見通しは「ネガティブ」。ネ ガティブは一段の格下げの可能性が、格上げや据え置きの可能性より も高いことを意味する。

デフォルト懸念

UBSインベストメント・バンクの世界経済担当の副責任者、ポ ール・ドノバン氏は、ギリシャが「ある時点」でデフォルト(債務不 履行)に陥るとの見方を示した。また、ユーロ圏は通貨統一後最初の 大きな経済危機への対応でつまずいたとし、それがユーロへの打撃に なると指摘した。

米財務省が実施した5年債入札(発行額420億ドル)の結果に よると、最高落札利回りは2.605%。入札直前の市場予想の

2.556%を上回った。この入札結果により、9月末までの今会計年 度に1兆6000億ドルという記録的規模への拡大が予想される財政 赤字を賄う上で、米政府が直面するリスクが浮き彫りになった。

朝方発表された2月の米耐久財受注が3カ月連続の増加を示した ものの、株価は下げて始まった。商務省が発表した2月の米製造業耐 久財受注額は前月比で0.5%増加した。ブルームバーグ・ニュース がまとめたエコノミストの予想中央値は0.6%増だった。一方、変 動の大きい輸送用機器を除く受注は2月に前月比0.9%増と、エコ ノミスト予想中央値を上回る伸びだった。

上昇一服

主要株価指数は前日には上昇して終了。S&P500種は2009 年3月に付けた12年ぶり安値から73%値上がりしている。

KBLリシュリュー・ゲスションのアナリスト、クレメンス・ブ ーネ氏は「市場は一息入れている」と指摘。「企業決算では今後の見 通しについて多くは示されなかった。経済指標はそれほど順調とはい えない。われわれは引き続き慎重だ」と述べた。

P&Gは1.4%安。前日はほぼ1年4カ月ぶりの高値で終了し ていた。化学大手の3Mは0.9%下落。

ゼネラル・ミルズが安い

ゼネラル・ミルズは1.9%安。同社は通期の利益が1株当たり

4.57-4.59ドルになるとの見通しを示し、ブルームバーグがまと めたアナリスト予想平均の4.61ドルを下回った。

◎米国債市場

米国債市場では5年債が7カ月ぶりの大幅安となった。この日の 5年債入札(発行額420億ドル)では、最高落札利回りが入札直前 の市場予想を上回ったが、その差は昨年7月以降で最大となった。

10年債利回りは1月以来の高水準。5年債入札では、間接入札 者の落札比率がここ8カ月で最も低い水準となった。格付け会社フィ ッチ・レーティングスによるポルトガル格下げでソブリン債の保有リ スクが高まったほか、社債発行が急増したことを受け、スワップスプ レッド(米国債利回りとスワップ金利の差)はここ20年余りで最も 低い水準に低下した。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) の金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏(コネチカット州スタン フォード在勤)は、「流れは利回りの上昇方向だ」と指摘。「入札の 影響でこのトレンドが始まったわけではない。原因はスワップスプレ ッドだ。ただ入札もこの流れを維持させている。あすの入札の見通し は不透明になっている」と語った。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後4時1分現在、5年債利回りは16ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01ポイント)上昇の2.58%。同年債(表面利率

2.375%、2015年2月償還)価格は23/32下げて99 2/32。

5年債利回りは一時18bp上昇と、8月3日以降で最大の上げ を記録。10年債利回りは3.85%と、1月8日以来の高水準を付け た。

入札需要

この日の5年債入札では、投資家の需要を測る指標の応札倍率は

2.55倍と、昨年9月以来の低水準となった。間接入札者の落札比率 は39.7%と、昨年7月以来の低水準。

最高落札利回りは2.605%と、入札直前の市場予想の

2.556%を上回った。最高落札利回りと市場予想との差は4.9bp。 ブルームバーグのデータによれば、これは5.4bpとなった7月以 来で最大。

米議員らは、中国に対して人民元の上昇を容認させるよう再び動 きを活発化させている。シューマー米上院議員は23日、中国に人民 元を切り上げるよう圧力をかける法案を5月末までに可決させること を目指すと明らかにした。

ブラスエラ・アナリティクスのストラテジスト、ジョゼフ・ブラ スエラ氏は「間接入札者の落札比率が低水準だったことに、中国が行 動を起こさないことが関係していたとしても不思議はない」と述べた。

スワップスプレッド

前日の2年債入札(発行額440億ドル)では、応札倍率は

3.00倍と、12月の入札以来の低水準だった。あすは7年債入札 (発行額320億ドル)が実施される。

10年物のスワップスプレッドは前日、初めてマイナスに転落し た。24日はマイナス7.3bpとなり、ブルームバーグがデータを取 り始めた1988年以降で最も低い記録を更新した。

マイナスのスワップスプレッドは、米国債利回りがスワップ金利 を上回っていることを意味する。通常はスワップ金利の方が国債利回 りよりも高い。変動金利が投資家の信用リスクを測るロンドン銀行間 取引金利(LIBOR)に基づいて決まるためだ。

フィッシャー・フランシス・ツリーズ・アンド・ワッツ(ニュー ヨーク)の資産運用担当者、デービッド・ティーン氏は、景気が力強 さを増しつつある兆候が社債需要を押し上げ、借り手が固定金利から 変動金利への交換を進める中でスワップスプレッドの押し下げにつな がったと分析した。

◎金先物市場

ニューヨーク金先物相場は反落。ドルの上昇を背景に代替投資先 としての金の魅力が後退し、約5週間ぶり安値を付けた。

ドルの対ユーロ相場は10カ月ぶり高値まで上昇。ドイツ、フラ ンス両国がギリシャ支援で国際通貨基金(IMF)が中心的役割を演 じるべきだという立場で一致したほか、格付け会社フィッチ・レーテ ィングスがポルトガルの信用格付けを引き下げたことが材料視された。 2009年には、金は24%上昇した一方、ユーロの対ドル相場は

2.4%の上げにとどまった。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズのヘッドディ ーラー、フランク・マギー氏(シカゴ在勤)は「ユーロが対ドルでパ リティー(等価水準)に下げるとの観測が流れている。このような環 境で金が値を維持するのは極めて難しい」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 4月限は前日比14.90ドル(1.4%)安の1オンス=1088.80ド ルで取引を終了。一時は1084.80ドルと、中心限月としては2月 12日以来の安値を付けた。

◎原油先物市場

ニューヨーク原油相場は反落。原油在庫の増加幅が予想を上回っ たほか、ドルの対ユーロ相場が10カ月ぶり高値を付けたことを手掛 かりに売りが優勢となった。

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が発表した3月19 日終了週の在庫統計では、原油在庫は725万バレル増の3億5130 万バレルと、増加幅がアナリスト予想の4倍を超えた。格付け会社フ ィッチ・レーティングスがポルトガルの信用格付けを引き下げたこと でドルが上昇。ドルが上昇すると商品投資の魅力は後退する。

BNPパリバ・コモディティ・フューチャーズのエネルギー担当 シニアアナリスト、トム・ベンツ氏は「原油在庫の増加幅は予想を大 幅に上回った。このところ需給関係にはあまり注意が払われず、市場 はドルと株の動きに注目してきた」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前 日比1.30ドル(1.59%)安の1バレル=80.61ドルと、終値ベ ースでは15日以来の安値。年初からは1.6%高。過去1年では 49%の値上がり。

◎欧州株式市場

欧州株式相場は前日の1年6カ月ぶり高値からほぼ変わらず。ユ ーロ圏のサービス業と製造業の拡大、およびドイツの企業景況感指数 の上昇を示す経済統計が好材料となった一方、格付け会社フィッチ・ レーティングスがポルトガルの信用格付けを引き下げたことで上値が 重くなった。

ポルトガルの代表的株価指数、PSI-20指数は1%安。バン コ・エスピリト・サントが下げの中心となった。フィッチはポルトガ ルの信用格付けを1段階引き下げ「AA-」とした。オーストリアの 建材メーカー、ビナバーガーは1.4%安。2009年の配当を見送っ たことが嫌気された。英鉄道事業者アリバは4.7%高。フランス政 府が国営鉄道会社SNCFのアリバ買収を支援すると明らかにしたこ とが背景。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%高の262.19と、 2008年9月以来の高値で取引を終了。同指数は1-2月には、ギリ シャやポルトガル、スペインの財政赤字をめぐる懸念から下げていた。 この日は、UBSインベストメント・バンクの世界経済担当の副責任 者、ポール・ドノバン氏がブルームバーグラジオとのインタビューで、 ギリシャは「ある時点」でデフォルト(債務不履行)に陥るとの見方 を示したことを手掛かりに0.7%下げる場面も見られた。

バンク・ジュリアス・ベアの欧州担当ストラテジスト、クリスト フ・リニカー氏(チューリヒ在勤)は「市場の勢いは続いているが、 短期的には依然慎重にみている」と述べ、「景気動向は上向いてはい るが、回復への道は険しいものとなるだろう」と付け加えた。

スペインのIBEX35指数は1.2%安。バンコ・サンタンデー ルは2.5%下げた。

24日の西欧市場では、ギリシャのASE指数が0.8%高と、 18市場中で最大の上げとなった。ドイツ、フランス両国は、ギリシ ャの支援に国際通貨基金(IMF)が関与すべきだという立場で一致 した。ドイツ財務省当局者がベルリンで23日、明らかにした。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではドイツ国債相場が下落。経済指標を受けて景気見 通しに対する楽観が強まったことが背景。また、格付け会社フィッ チ・レーティングスがポルトガルを格下げしたことを受け、同国債が 売られた。

ドイツ10年債は4営業日ぶりに下落。この日発表のドイツ景況 感指数が上昇したほか、ユーロ圏サービス業と製造業に関連した指数 がアナリスト予想を上回ったことが背景にある。フィッチはポルトガ ルの信用格付けを「AA」から「AA-」に1段階引き下げ、見通し を「ネガティブ」に据え置いた。米国債もこの日は下落。米耐久財受 注が増加したことが売りにつながった。

バイエルン州立銀行のシニア債券ストラテジスト、マリウス・ダ ハイム氏(ミュンヘン在勤)は、「安全を求める動きが弱まり、ユー ロ圏の指標は上向きだった」と指摘。「米国債が下げ、米耐久財受注 も増加した。これらがドイツ国債相場下落の一因だった可能性がある」 と述べた。

ロンドン時間午後5時35分現在、ドイツ10年債利回りは3ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の3.08%。前日は

3.05%まで下げ、2009年4月以来の低水準を付けた。同国債(表 面利率3.25%、2020年1月償還)価格は101.42に低下した。

ポルトガルの10年債利回りは前日比5bp上昇の4.35%。フ ィッチによる同国の格付けは、ムーディーズ・インベスターズ・サー ビスが付与した「Aa2」の格付けを1段階下回り、スタンダード・ アンド・プアーズ(S&P)の「A+」より1段階高い。

◎英国債市場

英国債相場は下落。英国政府の4年以内に財政赤字を約50%削 減するとの計画は楽観的過ぎるとの見方が広がった。

ダーリング英財務相は24日の同国議会での予算演説で、財政赤 字は今年度の1670億ポンドから2014年までに890億ポンドに削 減する計画を明らかにした。また11年経済成長率については最大

3.5%となるとの見通しを示した。英財務省がエコノミストを対象に まとめた予想中央値では2.1%成長となっている。英公債管理局 (DMO)はこの日、10-11年度の国債発行額が前年から18%減 少することを明らかにした。

ラボバンク・インターナショナルの通貨ストラテジスト、ジェレ ミー・ストレッチ氏(ロンドン在勤)は「成長率見通しがかなり誇張 されていることを考えると、財政赤字を目標水準まで引き下げられる とは到底考えられない」と語った。

10年債利回りは前日比4ベーシスポイト(bp、1bp=

0.01%)上昇の3.95%となった。一時は3.896%まで下げ、先 月10日以来の低水準を付けた。2年債利回りは1.19%と、前日か らほぼ変わらず。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212- 617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 名子 知子 Tomoko Nago-Kern +1-212-617-2407 tnagokern@bloomberg.net ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor:Shigeru Chiba、Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE