シュワブ氏:米財務省は中国を為替操作国と断定する可能性強い

シュワブ元米通商代表部 (USTR)代表は米財務省が来月、中国を為替操作国と断定する可能 性が強いとの見方を示した、と中国英字紙チャイナ・デーリーが伝え た。同氏とのインタビューを引用している。同氏は23日の北京でのイン タビューで、「その可能性が強いのは明らかだ」と述べた。同氏は同時 に、こうした動きは主に象徴的なジェスチャーで、「協議以外のいかな る行動も強制するものではない」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE