英が最高格付け失っても大混乱ない公算-元英中銀ブランチフラワー氏

元イングランド銀行(英中央銀行) 金融政策委員会(MPC)委員のデービッド・ブランチフラワー氏は、 英国が最上級のトリプルA格付けを失ったとしても、予想されているほ ど大きな混乱には直面しない可能性があるとの見方を示した。

ブランチフラワー氏は、ブルームバーグテレビジョンとのインタ ビューで「われわれはトリプルA格付けを失う可能性について懸念しな ければならないが、実際にそうなった場合にどうなるのか誰にも分から ない」と説明。「それが重大な出来事になるのかどうかは定かでない」 と語った。

同氏はさらに、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)によ る格付けが英国より4段階低い「A+」のイタリアについて、借り入れ 金利は英国より「さほど高くない」と指摘した。2年物国債の利回りは 英国が1.153%、イタリアが1.306%となっている。

ダーリング財務相は24日午後零時半(日本時間同9時半)、総 選挙前最後となる議会への予算提出を行う。選挙の主な争点は過去最大 規模に膨らんだ財政赤字の削減方法。世論調査では与党・労働党が保守 党に後れを取っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE