ブラジル株:続伸、ヴァーレ中心に価格見通しで-鉄鋼株も大幅高

23日のブラジル株式相場は続伸。 アナリストらが鉄鉱石生産で世界最大手のヴァーレは価格を引き上 げる可能性があるとの見通しを示すとともに、鉄鋼株を買い推奨し たことで、資源株が相場の上げを主導した。

ヴァーレは2.6%高。クレディ・スイス・グループが、ヴァーレ は製鉄メーカーへの販売契約の期間短縮化を求めており、今年4- 6月期の価格が9割上がる可能性を指摘したことが買い材料となっ た。コンパニア・シデルルジカ・ナシオナル(CSN)を中心に鉄 鋼株も上昇。サンタンデール銀行が価格上昇見通しを理由に、中南 米の鉄鋼業界の投資判断を「オーバーウエート」に引き上げたことが 手掛かり。

ボベスパ指数は前日比0.5%高の69386.72。一時は0.2%安ま で下落する場面もあった。同指数構成銘柄のうち値上がりは30銘 柄、値下がりは33銘柄。BM&Fボベスパ小型株指数は同0.5% 高。通貨レアルは0.8%高の1ドル=1.7757レアル。

レメ・インベスチメントスの運用担当者ジョアン・ペドロ・ブ ルガー氏は「ヴァーレのニュースが指数を押し上げ、同社株と他の 鉄鋼株を支えている」とした上で、ただ、「ボベスパ指数が心理的 な壁である70000に接近すれば、強力な売りモメンタム(勢い) が存在する」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE