米アフラック株が下落、バーンスティーンが投資判断引き下げ

23日のニューヨーク市場で、 補完医療保険最大手の米アフラック株は下落。メットライフが米ア メリカン・インターナショナル・グループ(AIG)傘下のアリコ を買収したことで、アフラックは日本での競争激化に直面すると、 サンフォード・C・バーンスティーンが指摘したことに反応した。

アフラック株のこの日の終値は前日比36セント(0.7%)安の

53.50ドル。過去1年間では2倍以上に上昇している。バーンステ ィーンのスニート・カマス氏は同日のリポートで、アフラックの投 資判断を「アウトパフォーム」から「マーケットパフォーム」に引 き下げた。

メットライフは今月、アリコを155億ドル(約1兆4000億円) で買収することで合意。世界3位の生保市場である日本でアリコと 直接対決することになる。アリコは50を超える国・地域で事業を 展開し、営業利益の約70%を日本で稼いでいる。アフラックは利 益の約4分の3を日本で獲得している。

アフラックのクリス・クロニンジャー最高財務責任者(CFO) は22日、「個人的な意見だが、メットライフがアリコの事業に実際 に影響を与え、それを大幅に変えるにはしばらく時間がかかるだろ う」との考えを示している。

-- Editors: Dan Kraut

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net   Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Joel Schectman in New York +1-212-617-7496 or jschectman@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dan Kraut at +1-212-617-2432 or dkraut2@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE