NY原油(23日):続伸、株高と燃料在庫減少予想で-81.91ドル

ニューヨーク原油相場は続伸。 株価の上昇に加え、米燃料在庫が減少したとの予想から買いが集ま った。

原油は一時0.7%上昇。S&P500種株価指数が18カ月ぶり高 値となった17日の終値を上回って推移したことが手掛かりとなった。 米エネルギー省のエネルギー情報局(EIA)が24日に発表する3 月19日終了週の在庫統計では、ガソリン在庫のほか、ヒーティング オイル(暖房油)とディーゼル油を含む留出油在庫の減少が明らか になると予想されている。

シティグループ・グローバル・マーケッツ(ニューヨーク)の エネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は、「原油市場はひた すらS&P500種の動きを追っている。トレーダーはS&Pと原油 の相関関係に留意する習慣がついた」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前 日比0.31ドル(0.38%)高の1バレル=81.91ドルで取引を終了。年 初からは3.2%上昇。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE