欧州株:18カ月ぶり高値、独仏のIMFギリシャ救済合意を好感

欧州株式相場は1年6カ月ぶり の高値に上昇。ドイツとフランスが国際通貨基金(IMF)によるギ リシャ支援を支持することで合意したことを好感した。英保険4位の リーガル・アンド・ゼネラル・グループが市場予想を上回る決算を発 表したことも追い風になった。

リーガル・アンド・ゼネラルは大幅高。同社は2009年通期決 算で利益を計上し、増配を明らかにした。クルーズ船運営のカーニバ ルは3年ぶりの高値に上昇。同社による利益見通し引き上げがきっか けとなった。英石油探査企業のケアン・エナジーは急伸。同社はグリ ーンランドでの掘削開始を発表したほか、インド北西部ラジャスタン での生産見通しを上方修正した。

ストックス欧州600指数は前日比0.7%高の261.85で引け た。ドイツ財務省の当局者はベルリンで記者団に対し、独仏の両政府 がIMFによるギリシャ支援を支持することで合意したと明らかにし た。これをきっかけに、同指数は引け前1時間に上昇幅を拡大した。

ブリューイン・ドルフィン・セキュリティーズ(ロンドン)のチ ーフストラテジスト、マイク・レンホフ氏は「市場はとにかく上昇し 続けたいようだ」と指摘。「株式相場は極めて豊かな材料に支えられ ている。企業決算ニュースはまずまずの内容で、多くの場合が予想を 上回っている」と述べた。

リーガル・アンド・ゼネラルが高い

リーガル・アンド・ゼネラルは4.7%高。09年通期の純利益は 8億6300万ポンドと、ブルームバーグがまとめたアナリストの予 想平均4億6100万ポンドを上回った。投資収益の増加が寄与した。 配当は33%引き上げられ、1株当たり2.73ペンスとなる。

カーニバルは2.2%高。ケアン・エナジーは8%値上がりした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE