英インサイダー取引で7人目逮捕-ドイツ銀など大手も対象、業界震撼

更新日時

【記者:Caroline Binham and Gavin Finch】

3月24日(ブルームバーグ):英国で過去最大規模のインサイ ダー取引摘発で、英金融サービス機構(FSA)は、7人目の容 疑者を拘束した。23日にはドイツ銀行やエクサンBNPパリバ、 ヘッジファンド会社ムーア・キャピタル・マネジメントの社員な ど6人が逮捕されていた。

FSAの24日の発表によると、7人は全員保釈される。ド イツ銀行のコーポレートブローキング部門のマネジングディレ クター、マーティン・ドジソン氏(38歳)や仏銀BNPパリバが 出資するエクサンBNPのロンドン在勤の欧州セールス・トレー ディング責任者、クライブ・ロバーツ氏(ロンドン在勤)などが 捜査を受けていると、それぞれの雇用主企業が明らかにした。

FSAは23日、ロンドンとイングランド南東部の16カ所を 家宅捜索した。インサイダー取引で有罪判決が下れば最長7年の 禁固刑を受ける可能性がある。

ロンドンのCMSキャメロン・マケナの規制関連弁護士、サ イモン・モリス氏はブルームバーグテレビジョンとの24日のイ ンタビューで、「非常に重大な摘発だ」として、ロンドンの金融 街「シティーの著名企業の名前が登場しており、FSAが大手金 融機関とその関係者を中心に捜査していることが分かる」と話し た。

FSAは逮捕者の名前や年齢を公表していない。23日には職 員140人以上を送り込み、コンピューターや文書を押収。金融業 界の「プロフェッショナルらがインサイダー情報を直接ないし間 接的にトレーダーに渡し、トレーダーらがこの情報に基づいて取 引した。結果的にかなりの利益を上げたとみられる」と発表した。

ドイツ銀の広報担当者、マイケル・ゴールデン氏は同行に捜 査が入ったことを認めた。FSAのデータによると、ドジソン氏 は2008年9月の米リーマン・ブラザーズ・ホールディングス破 たんのすぐ後にドイツ銀に加わった。スイスのUBSと米モルガ ン・スタンレーでの勤務経験もある。

エクサンの英部門のアンドルー・メルローズ最高経営責任者 (CEO)は24日に電話で、ロバーツ氏を停職処分としたこと を明らかにした。捜査に全面的に協力していると述べた。ムー ア・キャピタルの広報担当者も社員1人が逮捕されたことを認め た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE