米KBホーム:12-2月は予想上回る赤字-売上高減と受注伸び鈍化で

米住宅建設大手KBホームの 2009年12月-10年2月(第1四半期)決算は、純損益が予想を上 回る赤字となった。売上高の落ち込みと受注の伸びが鈍化したこと が響いた。

同社が23日発表した資料によれば、純損失は5470万ドル(1 株当たり71セント)。ただ在庫評価損が減少したことから、赤字幅 は前年同期の5810万ドル(同75セント)から縮小した。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたアナリスト11人の予想平均値は、純損 失は1株当たり41セントだった。

売上高は14%減の2億6400万ドル。純受注数は5%増の1913 件だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE