香港株(終了):反発、決算期待で中国銀が上昇-本土不動産株は安い

香港株式相場は反発。決算への期 待から中国銀行(3988 HK)が高くなった一方で、中国当局が土地の供 給制限を強化することへの懸念から本土の不動産開発企業は下落した。

中国の銀行3位、中国銀行は1.8%上昇。同行が取引終了後に発 表した2009年通期決算は、純利益が811億元となり、ブルームバーグ・ ニュースがまとめたアナリスト15人の予想平均(787億元)を上回っ た。同行の香港部門、中国銀行(香港)(2388 HK)は0.2%下落。同 行も取引終了後に決算を発表した。25日に決算を発表する中国工商銀 行(ICBC、1398 HK)は0.5%安。26日発表の中国建設銀行(939 HK) は0.5%高。

中国政府系の不動産会社、チャイナ・リソーシズランド(華潤置 地、1109 HK)は4.5%下げた。中国海外発展(688 HK)は1.5%安。 中国紙、東方早報は、上海当局が土地購入契約後30日以内の代金全額 支払いを命じる可能性があると報じた。現行は60日。同紙は情報源を 明らかにせず伝えた。

中国の固定電話最大手、チャイナ・テレコム(中国電信)は今年 の利益が回復するとの見通しを示し、5.1%上昇した。

ハンセン指数は前日比54.53ポイント(0.3%)高の20987.78。 一時は1.3%高まで上げた。ハンセン指数構成43銘柄中、上昇が20 銘柄、下落は22銘柄、1銘柄は変わらず。ハンセン中国企業株(H株) 指数は前日比0.1%高の12020.85で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE