米インテルやシスコが参加、米ロ政府・企業の会合-技術革新など協議

米国とロシアの政府当局者と企 業幹部によるビデオ会議が、オバマ米政権の主導で22日に開かれ た。ホワイトハウスが発表した。

参加した企業は、半導体最大手インテルやネットワーク機器最 大手のシスコシステムズ、インターネット競売最大手eベイなどの 米企業や、ドイツの経営管理ソフトメーカーSAPなどで、技術革 新や電子政府などについて意見交換したとしている。

米国家安全保障会議(NSC)のマイク・ハマー報道官は発表 資料で、両国はクラウドコンピューティング向けソフトウエアのイ ンフラなどについても協議したと説明。米政府からはNSCや国務 省当局者らが出席したという。

同報道官によれば、今回の会議はロシアとの関係を政府間だけ でなく、民間ベースでも促進するというオバマ大統領の政策に沿う ものだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE