東芝:米テラパワーと小型原子炉の開発で協力の可能性

東芝は米テラパワーと小型原子炉の 共同開発に向けて情報交換を始めた。同社広報の大森圭介氏がブルーム バーグ・ニュース電話取材に対し明らかにした。

大森氏によると、昨年11月にゲイツ氏が来日し、ゲイツ氏が資金援 助している原子力ベンチャーのテラパワーと小型の原子炉開発で協力が 可能かどうかの話し合いを行った。その際、両社で開発に向けた情報交 換を行うことで合意し、守秘義務契約を結んだ。

次世代原子炉「TWR」の開発に乗り出すとの23日付の日本経済新 聞朝刊が報道について大森氏は「可能性の1つ」と述べたうえで、東芝 は4Sと呼ばれる出力10メガと50メガの小型原子炉の開発に特化してい ると付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE