ユニマット株がストップ高気配、MBOで非上場化へ-さや寄せ期待

オフィスコーヒーや備品のレンタ ルサービスを手掛けるユニマットライフに買いが殺到。MBO(経営陣 による自社買収)を実施すると19日に発表した。株式公開買い付け (TOB)価格が19日終値より42%高い水準に設定されたため、市場 で同社株を購入して投資利益を確保しようという買いが膨らんだ。

同社株は午前の取引終了時点で、ストップ高(制限値幅いっぱいの 上げ)に相当する前営業日比150円(16%)高の1101円買い気配。 6000株の売り注文に対して約630万株の買い注文が入っており、当面 値が付きそうにない。

MBOは、同社の高橋洋二会長が代表取締役を務めるユニマットレ インボーが1株1350円で同社株を買い付ける。買付代金は223億円。 このTOBにはユニマット株の議決権の11.75%を保有する高橋会長と その親族(計4.42%)が応募する意向を示しているほか、議決権15% を保有する第2位株主のJTも応募するとの契約を締結しているという。

TOB期間は今月23日から5月11日までの32営業日。発行済み 株式の80%以上の取得が成立要件となっており、成立の場合は東証1 部に上場しているユニマット株は上場廃止となる予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE