09年の高級住宅価格:世界的に下落、中国・香港は高騰-英不動産業者

英不動産ブローカー、ナイト・ フランクによれば、昨年、金融危機を背景に世界の高級住宅価格は 下落した。

同社が23日公表したリポートによると、世界の56地点の高級 不動産価格は平均5.5%下落した。最も価格が高かったのはモナコ で2年連続トップとなり、ロンドンとパリが2位、3位を占めた。

同リポートによると、昨年、富裕層は景気に対する懸念から不 動産購入を見送った。別荘として購入されることが多い田園地帯や リゾート地の物件の価格は12%以上下落した。下落幅が最も大き かったのはドバイやポルトガルのアルガルベ州西部など。

ナイト・フランクの住宅調査責任者ライアム・ベーリー氏は 「都市部の物件は必要性から購入されることが多いため、比較的好 調に推移する傾向にある。一方、リゾート地や田園地帯の物件は自 由裁量的な側面がより強い買い物だ」と説明した。

ベーリー氏によると、都市部の高級マンション・一戸建て住宅 の価格は中国と香港、シンガポール、ジャカルタの高騰が寄与し、 平均0.4%上昇した。同氏は「世界のリセッション(景気後退)か らの中国の迅速な回復を背景に、上海、北京、香港の高級不動産価 格は昨年、驚異的なペースで上昇した」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE