東芝:11年3月期の半導体投資倍増、慎重姿勢崩さず-日刊工業新聞

東芝は2011年3月期の半導体事業の 設備投資を前年比2倍強の2000億円超に増額すると23日付の日刊工業新 聞が報じた。情報源は示していない。

報道によると、同社は10年半ばに着工する四日市工場(三重県四日 市市)の新棟への投資は3年間で4000億円程度にとどめ、生産能力増強 余地を残す考え。半導体市況が回復局面に入ったものの、慎重な姿勢を 崩さずに価格安定を優先すると日刊工業は伝えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE