ゲイツ氏:東芝と次世代原発、低コストで100年運転共同開発-日経

米マイクロソフト創業者で会長のビ ル・ゲイツ氏は東芝と組み、次世代原子炉「TWR」の開発に乗り出す と23日付の日本経済新聞朝刊が報じた。同氏が資金支援する米原子力ベ ンチャーが開発中の新型炉に東芝の技術を融合、核燃料を交換せずに最 長100年間の連続運転を実現できるという。情報源は示していない。

報道によると、同氏が実用化に向けて投じる資材は数千億円規模に 膨らむ可能性があると日経は伝えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE