NY原油(22日):3日ぶり上昇、株高に追随-終値81.25ドル

ニューヨーク原油相場は3営業 日ぶりに上昇。医薬品銘柄を中心に米国株が上昇したことを手掛かり に買いが集まった。

原油は1ドル超下げる場面もあったが、上げに転じた。21日に米 医療保険改革法案が下院で可決されたことを受けて、S&P500種株 価指数が上昇したことがきっかけだった。ドルが下げたことも代替投 資先としての商品の魅力を強めた。

シティグループ・グローバル・マーケッツ(ニューヨーク)のエ ネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は「持続的な支援材料はS &P500種株価指数が堅調に推移していることで、景気回復を投資家 の意識にとどめている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前営 業日比0.57ドル(0.71%)高の1バレル=81.25ドルで取引を終了。 一時は78.57ドルと、2日以来の安値を付ける場面もあった。この日 は4月限の最終取引日だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE