NY金(22日):3週間ぶり安値、相次ぐ移動平均割れで売り優勢

ニューヨーク金先物相場は下落。 複数の主要移動平均を割り込んだことで売りが優勢となり、3週間 ぶり安値を付けた。

19日には、20日、50日、100日の各移動平均を割り込んで取引 を終了した。日中取引では、17日以降、毎日安値を更新している。 金は2009年に24%上昇。2010年の年初からはほぼ変わらずの水準 となっている。

ラサール・フューチャーズ・グループのトレーダー、マシュ ー・ジーマン氏(シカゴ在勤)は、「金のテクニカルは悪化しつつ ある。主要な移動平均をすべて割り込んだのは気がかりだ」と指摘 した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物4月限は前営業日比8.10ドル(0.7%)安の1オンス=1099.50ド ルと、中心限月の終値としては2月24日以来の安値。一時は

1092.10ドルと、2月25日以来の安値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE