FRB議長:大き過ぎる金融機関、解体の負担は国民が負うべきでない

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は、大き過ぎてつぶせないと見なされる機関を解体 する仕組みは金融システムを混乱させないことが必須であると同時 に、そのコストは株主と債権者が負担し、納税者が負担を負うべき ではないとの考えを示した。

バーナンキ議長は20日にフロリダ州オーランドで講演し、「こ れらの企業の1つが義務を履行できない場合、その株主と債権者、 カウンターパーティー(取引相手方)が政府によって損失から守ら れることはないと、市場参加者に納得させる必要がある」と語った。 「金融機関を清算する場合、秩序のない破産ではなく、救済でもな い、第3の方法を見つける必要がある」と語った。

米議会は大恐慌以来で初の包括的金融規制システム見直しの一 環として、大規模で複雑な金融機関の清算メカニズムを検討してい る。

バーナンキ議長は講演で、「システムにとって重要な金融機関 を安全に解体するために最終的に資金注入が必要になるとしても、 最終的コストを納税者や小規模金融機関ではなく、大きくてつぶせ ない問題の根源である機関に負担させるべきだ」と語った。

「世界経済の運命が比較的少数の巨大金融機関とあまりに密接 に結び付いた状態は受け入れられない。この危機を受けて当局が何 かを達成するとすれば、そのような状況に二度と陥らない確実な仕 組みを作ることだ」と続けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE