セントルイス連銀総裁:「長期にわたる」との文言は当局の動きを制限

米セントルイス連銀のブラード総裁 は、「長期にわたり」低金利を維持するとの連邦公開市場委員会 (FOMC)の方針について、当局が特定の利上げ時期を意識している との認識を生み出すと述べた。

同総裁は経済専門局CNBCとのインタビューで「長期にわたると いう文言は当局の動きを制限している。利上げを実施する特定の時期が あると解釈されている」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE